後悔しない二世帯住宅の完全分離の間取りとは?

MENU

ニ世帯住宅の間取りはどんなものがある?

二世帯住宅 完全分離 間取り

二世帯住宅の家を建てようと思ったときに、
どんな間取りにするのかは大きな問題ですよね?

 

親世帯ではバリアフリーにしてほしいという希望があるかもしれませんし、
子供世帯では子ども部屋が多く必要なんて感じで、
それぞれが家に求めているものが違います。

 

そこで今回は二世帯住宅をつくるには、
どんな間取りがあるのか、
代表的なものを紹介していきます。

 

完全分離

プライバシーを守りながら、気兼ねなく暮らせるスタイルです。

 

親世帯と子世帯で別々に暮らすので、
交流したいときだけ交流できるので、
ストレスフリーなスタイルです。

 

完全共有型

同居するスタイルです。

 

家族仲がいい二世帯同居のスタイルで、
人間関係に問題がなければ、
特にストレスもありません。

 

部分共有

玄関やキッチン、リビングなど、家の設備の一部を共有するスタイルです。

 

共有できるところを自由に選べるので、
自由度が高いといえます。

 

 

それぞれのメリット・デメリットは?

二世帯住宅 完全分離 間取り

3つのスタイルを紹介しましたが、
次にそれぞれのスタイルのメリット・デメリットを紹介します。

 

完全分離のメリット・デメリット

 

プライバシーを守りやすく、お互いに干渉されないのが大きなメリットです。

 

生活空間が完全に分離されているので、
お互いのプライバシーを守りやすく、
ストレスもほとんどありません。

 

掃除の仕方などで気を使う必要もありません。

 

また、将来的に賃貸として貸し出すことも可能です。

 

どちらかの世帯が何らかの理由で使わなくなった場合は、
賃貸で貸し出すことができます。

 

投資としても使えるのもメリットです。

 

完全分離型の最大のデメリットは、
お金が多くかかってしまうことです。

 

家や土地自体の価格が多くかかってしまうので、
共有型のものよりも余計に資金が必要になります。

 

 

完全共有型のメリット・デメリット

 

二世帯で同居するということです。

 

玄関やリビングなどを共有するので、
2つ作る必要がなく、費用が安くなります。

 

家や土地自体の価格が安くできる。

 

これが最大のメリットです。

 

デメリットはプライバシーを確保しにくく、
お互いに干渉されやすいことです。

 

ちょっとしたストレスが溜まりやすくなることと
言ってもいいかも知れません。

 

部分共有のメリット・デメリット

 

どの部分までを共有するかを決められるので、
適度な距離感でプライバシーを保てる点です。

 

コミュニケーションも取りやすいので、
ストレスが少ないといえます。

 

プライバシーを保ちつつ、コミュニケーションも取れるので、
とてもバランスが優れています。

 

どの程度を共有するかはご家族によって、さまざまです。

 

お互いの希望を話し合って間取りを決めるのが大切です。

 

建設コストも下げられるので、このあたりももちろんメリットです。

 

デメリットは各世帯の生活のリズムが合わない場合は、
ストレスになるということです。

 

親世帯が寝ようと思った時間に、子供が騒いだら、
勘弁して欲しいと思いますよね。

 

同様に親世帯が朝早くからガヤガヤとなにかをしたら、
眠いのに早く起きることになるかもしれません。

 

このあたりの気を使わなければいけないのは、
デメリットといえますね。

 

↓  ↓  ↓

 

 

最後に

二世帯住宅 完全分離 間取り

二世帯住宅を建てる際に気をつけたほうがいいことを紹介してきました。

 

 

二世帯住宅を建てる際は家族のプライバシーを守りつつ、
便利な間取りにすることが大切です。

 

建ててからずっと住むことになるので、
可能な限りストレスが少なくなるようにしてください。

 

家に帰ってきてからもストレスフルだと、
仕事にも影響してしまいます。

 

家ではできるだけゆっくりとリラックスできるようにしてください。

 

そのためにもまずはそれぞれの希望を話し合って、
どういう間取りにするのかなど決めてください。

 

参考になる情報が少ない場合は、
こちらのサイトが参考になります。

 

↓  ↓  ↓

 

 

全国の住宅情報が無料でかんたんに調べられるできるので、
興味がある場合はまずはチェックだけでもしてみることをおすすめします。